スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 総評 「私、気になります!」 前編

先日、最終回を迎えた『氷菓』。

個人的には神アニメでした。

kyuoka_22a.jpg

皆さんはどうでしたか?
感想は人それぞれだと思いますが、
きっと満足している人の方が多いんじゃないかなと思っています。

今回はそんな『氷菓』の総評を書こうかなと。
総評と言うより好きなところをタラタラ書くだけですが。

今期のアニメの中ではトップクラスのクオリティだった『氷菓』。
演出、作画、音響、どれもすばらしかったと思います。

私は第1話のこのシーンで完全に引き込まれました。
eru_1_1a.jpg
まさに圧巻でしたね。
映像の鮮やかさもそうですが、
「一度気になりだしたら止まらない」という
えるの好奇心を最大限に表現しているシーンだと思います。
原作を読んでいないのでこのシーンを見た時は
えるが妖怪なのかと勘違いしたほどです(笑)

どの話もとても良かったんですが、
強いて好きな話を挙げるとすれば6話と14話と19話です。

6話はこのシーンがお気に入り。
eru_6_1a.jpg

eru_6_3a.jpg

eru_6_2a.jpg
「一度気になりだしたら止まらない」えるのシーンです。
ホント奉太郎には同情します。
計算してやっているわけではないので(おそらくですが)
ここまでされたら断れませんよ。
謎解き自体はそれほど難しくありませんでしたが、
このシーンを含め全体的にえるの行動が可愛かったので6話は好きですね。


続いて14話。
カンヤ祭の話はどれも大好きなんですが、
この14話はもう面白すぎてヤバいですね。
なんといっても「ワイルド・ファイア」!
ryouriken_14_1a.jpg
お料理研の部長(杉田さん)・副部長(平川さん)が強烈すぎて
ホント腹が痛かったです。
特に杉田さんのアドリブが凄すぎて、ホント腹がよじれそうでしたw


そして19話。
この話は奉太郎とえるのラブイチャ回でしたね。
好きな理由は様々な表情をするえるが可愛かったからです。
eru_19_1a.jpg

eru_19_2a.jpg

eru_19_3a.jpg
どの表情も今まで見せなかった表情ばかりでものすごく新鮮でした。
特にジト目。ジト目といえば摩耶花の専売特許でしたからね。
mayaka_10_1a.jpg
というわけで、えるの様々な表情が見れたこの回も結構好きですね。

様々な表情といえば、まだ記憶に新しい21話も挙げられますね。
この回はまさにビターチョコのようにほろ苦いお話でした。
いつもは好奇心旺盛ながらも礼儀正しく振る舞うえるが
この話では深く自分を責め、激しく取り乱していました。
eru_21_1a.jpg

eru_21_2a.jpg
うれし涙を流すことは何回かあったものの、
自分の不甲斐なさから怒り涙するえるは衝撃的でした。
やっぱりえるには笑っていてほしいな
改めて思いましたね。


こうして色々感想を書いてきて気づいたことがあるんですが
hotaro_20_1a.jpg
俺、えるのことしか書いてねぇや。てへぺろ(・ω<)

ということで他の3人にも触れていきますか。
と思ったらもうこんな時間じゃないですか!?
明日も朝早いので今日はここまで。

人物編に関しては明日以降になります。
ではまた次回ということで。


ポチっとしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

氷菓 第22話「遠まわりする雛」

最終話です。  えるちゃんの気になりますもこれが最後とは寂しいですね。 春を予感させる中で、とりあえずアニメ版は幕をとじる。 幻想的な背景もあって、まだ奉太郎たちの物語
案内
当ブログについて
1周年を迎えることができました!!
プロフィール

つれづれもの

Author:つれづれもの
好きなことや今ハマっていることを
書いていきます。
コメント、TBなど大歓迎です。
相互リンクも大募集中です。

※記事に関係のないものや
 誹謗中傷、荒らし等に関しては
 管理人の独断で削除させて
 いただきます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。